2015年05月19日

FX:価値は小さいのに、負けが大きい理由

なぜ、負けるときは10万、20万、30万と大きいのに、勝つときは5,000円や20,000円、大きくても4~5万円なのだろう?
(とはいえ、4~5万円の価値は、ほとんどない。なのに、20万円の負けはよくある)

勝ちは小さいのに、負けが大きい理由

つまり、負けてるときは、ポジションが大きくなるから。
逆に言うと、俺がポジションを大きく持つときは、決まって
バッドエントリーを認められず、せめて±0で逃げたくてナンピンしまくる”パターン。

ナンピンするなら、せめて最初のバッドエントリーはそのままとしても、落ちてくナイフだけは掴まないようにしないと!なのに、繰り返してしまう。

だから、どうせ10本買うのなら、落ちてく最中に1本1本掴まないで、勢いが落ちきったのを確認してから10本くらい拾おうよ。

よく考えると、やはり最初のバッドエントリーは損切っておくべきだったんだろうけど、それよりもナンピンで資金を引きずり出され気付いたら大きなポジションを持っていたというのではなく、意図的に大きめのポジションを持つようにしたい。でないと、勝ちは3,000円、負けると30万円というアンバランスな負け方に徹底してしまう。

結局、FXを初めて最大の負け
-280万円をだして、強制ロスカット。
今年の利益が+80万円だから、総計で2015年約
-200万円

あ・か・ん。

少し元気をなくしてしまうとともに、「資金管理」の大切さを身をもって知りました。
自分でロスカット設定を外したのは、
-40万円の時。

この痛みを忘れずに、再度エントリーしたいのだが、恐怖でエントリーできない。
リハビリが必要です。
 


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索