教育

2012年11月08日

幼稚園 面接4

再面接の幼稚園ですが、合格しました。
とりあえずは、よかったなぁ。

しかし、前回も記載したように、だからといって今回再面接&補欠合格したこちらの幼稚園の方がレベル上だとか、最初から狙っていたというわけでもありません。

既に合格していた幼稚園へは、実際に通うことになるなら見ておこうということで、こちらの補欠合格発表前に外からですが見に行きました。

そこでは、子供たちが伸び伸びと園庭で遊んでいて、とても印象のよい幼稚園でした。園庭に木が多いのがいいと言っていた妻の言葉の意味も理解できました。

つまり、圧倒的に日陰が多いのです。夏に園庭で遊べるかどうかの、大きな分かれ目です。

更に、園長先生がとてもカリスマだという噂もあるくらいで、それでか妻のママ友の中には、むしろ最初からこちら狙いといっていたお母さんもいたようです。


でもウチは、せっかく高倍率から選ばれた幼稚園だから、こちらにしようかなぁということになりそうです。


一応、「どっちの幼稚園に行きたい?」と娘に聞くと、無邪気に両方の幼稚園の名前をいうのですが(笑)、そんな中でも割合的には今回再面接で合格した幼稚園の方を多く言っていますので(まぁ、プレ教室にも行っていたのでそれも大きな理由かとも思いますが)、きっとそちらになることでしょう。

それはさておき、この記事を読んでくれている方の興味は面接の内容でありましょう。

私も同様なので、妻に面接時の内容を聞くと、例えば、”果物の絵”を見せられて「これは?」と聞かれたら「りんご 」とか「バナナ」とか答えたり、色についても「あか」「あお」など同様のようです。

もちろん、「お名前は?」とか「何歳?」とかお約束の質問もあります。


やっぱりこれって、完全に試験ですね。


結局、育児の一環として、親が遊び道具(知育玩具)を早めに与えれば基本的にはクリアできるような質問内容ですが、子育てが初めてだと”積み木”も”果物の絵カード”も両方おもちゃ=同じ比重なので、この辺は、幼稚園面接にポイントを絞るなら攻略の仕様がありそうです。

そもそも、小さい頃の教育って、同じことをどれだけ早くマスターするかの違いですから、ポイントを絞って早くにはじめるに越したことはありません。

何も知らないとおもちゃさえも与えないなんてことがありますが(実は、ウチも生まれたての頃はそうでした)、教育方針や部屋の片付けなどなどの親の方針はひとまず置いといて、”幼稚園の面接”という点ではおもちゃは勉強道具として割り切って揃えた方がよさそうです。

あと、妻のアイディアで、保育園に通わせないのなら「ドラキッズ」というところに通わせようとか、ヤマハ音楽教室に通わせていたとか、こどもチャレンジなども少しはプラスに働いたのかもしれません。

※ 当初は、子供を保育園に入れて妻は復職の予定でしたが、震災後の放射能バラマキ事故で保育園の食事を信用できなくてとりやめたのでした。(福島を応援しよう的なムードの中、給食に積極的に福島産の食材をどうにゅうするというのが当時の日本の風潮でした。福島の農家の方には同情しますが、私は、娘にはできる限り放射能が少ない食材を与えたいと考える親です。)

特にドラキッズは週1回の塾みたいなところですが、親子同伴とある時期から30分から1時間くらいの間、完全に預けてしまうというスタイルに移行していたので、親離れを体験させているという点では、幼稚園側から見ても有利にみえるのかもしれません。

実際に、面接内容に近いことがカリキュラムに入れられており、それを体験させていたようです。
知らぬうちに、教育ママの妻でした…


なお、面接時のぬいぐるみ持参などはNGらしいので、慣れさせておくのも必要です。あと、あえてデメリットになるようなことはこちらから言う必要はないでしょうね。(一回目の面接時に、オムツはずれしてないとか、人見知りが激しいとか、妻はバカ正直に言っちゃったみたいです。他の人が言わないマイナス要素をあえて言ったら、落とされる原因になると思いませんか?)

結局、親のライフスタイルで保育園に入れない限り、子供が生まれてからほぼ同時間を母親と一緒に過ごしているのですから、その状態から引き離す準備をするかしないかで、幼稚園の面接で差が出てしまうのでしょうね。

この記事をご覧になられている方は、「そんなの今更言われても…」となってしまうかもしれませんが、あきらめる必要はないと思います。なぜなら、そういう塾(?)でやっていることは、機嫌を損ねないようにゆっくりと1年掛けてやっているだけだからです。

いつもと違うことをするとグズるけど、子供は慣れるのも早いので、ショック療法というわけではありませんが擬似面接で練習をすれば、イヤイヤ期の子供も短期間で面接に対応できるようになるかもしれません。

例えば、おばあちゃんや仲のいい友人などに頼んで、面接の真似事をして遊んでみるのも効果はあるでしょう。面接官は、いつも慣れ親しんだ親ではなく他人ですから。

または、買い物に行くときにぬいぐるみを持っていかせないなども、そのときは泣くかもしれませんが面接攻略には効果があるのかもしれません。

もちろん、ちゃんとその理由やフォローなども忘れずに。
例えば、「お外に持っていくと汚れちゃうから、お留守番させようね」などです。
フォローとしては、「頑張ったから、おやつをあげるね。」なんていうのは、短絡的ではありますが機嫌が直るのは早いですねぇ。
あまりほめられた躾(しつけ)方法ではないのでしょうが、泣いているところを無理やりやって、更にイライラきて怒っても逆効果でしょうし。

短期間とはいえ面接にターゲットを絞れば、ただ再面接するよりは前向きな変化がでるのではないでしょうか?

最悪、2年保育という手段もありますし(私自身2年保育でした)、あまり深く考えすぎずに面接ごっこをしてみてはいかがでしょうか?


kis136 at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月07日

脱原発に必要な力

脱原発の話の前に、ますはちょいと得意分野から。


私は、交通違反から発展して道路交通法には少々詳しいのですが(笑)、ひとつビックリした出来事がありました。

年々規制が厳しくなる一方の道路交通法で、主婦の猛反発を受けた例の自転車3人乗り禁止問題の結果です。

そもそも、以前から自転車の3人乗りは禁止だったのだが、具体的に取り締まりはされていないというグレーな状態だったわけです。

理由は、違反の「悪質性は高くない」ということらしい。

確かに、法律も「3人乗り」そのものが"悪"と言っているのではなくて、それが原因で引き起こる事故を予防するためにといっているわけで、。人を殺すのはその行為自体が"悪"だけど、自転車の「3人乗り」そのものは"悪"とは言い切れないのです。

つまり、1人乗りは良くて、(6歳以下なら)2人乗りでもよくて、3人乗りだと"悪"なのか?ということです。

しかし、1人で乗るより3人乗りの方が操作が難しくなることは、重心と操作性を科学分析するまでもなく、直観的にも疑いがないと思いませんか?

フラっとバランスを崩した挙句の転倒も防ぎたいし、更に3人乗り自転車と四輪自動車が接触して、自転車が転倒しケガなんてことになったら、ちょっとした惨事であります。しかも、実質なんにもしていない車の方が分が悪いときます。

法律としては、違反扱い&取締り強化を謳うのも、わからないではありません。

実際に、マスコミでも便乗し「3人乗りは、こんなにアブナイぞ!」的な映像による洗脳が始まったりして、こりゃいつもの手法で決定は時間の問題だなと思っていたところ、子をもつ主婦の猛反発を喰らったわけである。

昔は、気弱でやさしかった彼女も、今や図太いオバサンへと変身し、さらにママ友同士で横の連携をとられては、国家権力たるK察もタジタジ。

法曹界と自転車業界との癒着もあいまってなのか、「安全性の保証された自転車」はOKと、アッサリ方針転換してしまいました。


安全性の保証された自転車?


強度が上がっても、操作の難しさはあいかわらず解消されないはずです。
よくよく考えれば、自転車の構造強度の問題と安全性それほど大きな相関関係をもっていないと思うのだが、利便的(母)にも経済的(自転車業界)にも双方に利益となる方針へクルっと回ってしまった。
 
いや、そんな理屈はどうでもよい。
今まで、理屈が通っているかとかはともかく、民意の思うようになったことなどなかったはずなのに、主婦を本気で怒らすと方針が変わってしまう。


女性パワーであります。


それもそうだと思います。 

子供がいる母親ということは、多くの場合父親がセットで”家族”という単位になっており、その父親の中にはK察関係の人、自転車業界の人、政治家や代議士もいるでしょう。

その父親にも、更にまた母親(おばあちゃん)がいるのであって、妻と母から両攻撃を喰らっていたら、我々男性はかなわないのであります。
毎朝、毎晩チクチク言われ、休日にも食事中にも言われ続けるのであります。本当に正しいことをしているのか、疑問に思ってしまうことでしょう。


この話を原発にも当てはめてみるという論法です。

つまり、「これ、原発にもいえるのかな?」という論法です。


今、市民運動のひとつとして反原発が動いているようですが、本気で主婦パワーが動き出せば、意外とアッサリ廃止になったりして。

でも、原発は仕事として収入を得て一家を支えているモデルケースも多いと思うので、自転車問題みたいに簡単にはいかないか…
大量の主婦も、この収入に依存しているのでしょうから。

しかし、そもそも健全に動いていても、核廃棄物という毒物を大量にだしていて、これは後世に影響を及ぼすのはたしかなんだよねぇ…

かといって、火力発電が決してクリーンなわけでもないし。
そもそも、油欲しさに第二次世界大戦に突入したのだし、小出裕章さんがいうように原子力を全撤廃してその分を全部火力に頼るのも違うよなぁと。(あ、小出先生は、ただ「原子力を即刻停止しても火力でまかなえる」といってるだけかぁ。)

いろいろな発電方法があるのに、自然再生エネルギーってスケールメリットを考えても高いのかな?
ソーラー発電とかって、何がダメなのかねぇ?

ということを考えていくと、そもそもの対価である”電気”って、どれだけ大切なモンなのかというところに行き着きます。

現在と未来の人類の命を削ってまでとかいうとちょっと大げさだけど、例えば自分の子供の命を削っていると考えると、電気の対価って高いよなぁと。

電気を使うと寿命が縮む…

「電気」≒「命」

小出先生の本を読むまで、考えたこともありませんでした。

ちょっと極論かもしれませんが、現在の火力と原子力に発電の多くを依存している日本では、大きく外れているわけでもないというのが恐ろしいですね。

そこで、考えてしまうのです。

 
電気って、どれほどのモンなのかねぇ?と。
 

男は経済の発展・維持とか、他国との競い事とか効率性とかを考えちゃうからダメなんだろうなぁ。

経済で負けたくない。
中国やインドなんかに追い抜かれたくないっていう感覚。

やっぱり、最終的には国を動かすのは女性なんだろうと考えてしまうのです。
その活躍が表に出なくとも。


kis136 at 19:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

幼稚園 面接3

さて、我が娘は、ココ最近で合計3つの幼稚園面接を受けたわけだが、その内1つ目(ヨコミネ式)は完全に撃沈、2つ目は滑り止めで落ちる子はいないという噂通りの”合格”、3つ目は週1のプレ幼稚園に通っていたものの虚しく落ちてしまったのである。

結局、こちらから選ぶまでもなく、1個しか受からなかったのである。近くのパン屋に聞くと、「ヨコミネ式はともかくとしても、ちょっと前はこちらの選び放題だったのにね。」とのこと。

あ、そもそも、「なんで公立(市立)の幼稚園に通わせないの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、なんと小平市では市立の幼稚園はないとのこと!!高齢者には待遇が厚いのですが、幼児にはあまり力をいれてないのですね。

ところで、その郵送での面接結果通知(落選)の翌日、このプレに通っていた3つ目の幼稚園から再面接の連絡が来たとのこと。

プレ受講の効果なのかはわからないが、いずれにせよ前回面接の合格者で3件くらいキャンセルがあったらしく、その枠を奪い合う補欠面接である。

とはいっても、補欠合格ではなく、ただの再面接の権利である。
この少子化・定員割れが騒がれている時代に、大変な地域に住んでしまった…

これで、落ちたらガックリくるなぁ。
といって、最初からこの幼稚園を一推ししていた訳ではないのだが、こうなると合格してほしいと思ってしまうのは、”残り物には福がある”的な日本人らしい価値観か?

そもそも、ヨコミネ式は無理としても、他2つの幼稚園はどちらがいいのだろうと迷っていたくらいである。
それが、その内の一つに落ちてしまい、更に再面接となると、なんかその幼稚園に受かってもらって、行かせたくなってしまうじゃないですかぁ!

この感覚、わかります!?

多分、最初から両方に合格していたら、迷った挙句に今合格している2つ目の幼稚園に行くかもしれないのに。

ところで、本日の面接では、先生に「こんちわー」って言えたらしい。
これは、+ポイント1だな。

ただし、「お名前は?」に対しては「ハズカシイ」って言っちゃったみたい。
まぁ、会話が成立してるとも言えないこともない。
+ポイント0.5かな?
俺が試験官なら合格なんだけど、面接試験は他の子との比較だからねぇ。

まぁ、受かっても落ちても、最大限できたということで、妻も娘も後悔はないだろう。


kis136 at 18:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月05日

幼稚園 面接2

先日、1つのヨコミネ式幼稚園(超高倍率)の面接に落ちたわけだが、残る一日に2つの幼稚園の面接が重なってあった。

先日は、こどもの服装を普段着で行ってしまうという痛恨のミスをした妻だが、今回は七五三並みのお洒落をさせていくとの事。(みなさん、幼稚園の説明書に「子供は普段着」とあっても、少しおめかししていったほうがいいみたいですよ。親は、スーツなどのようないわゆる正装ですな。)

さて、2つの幼稚園のうち1つは、ほとんど受かるといういわゆる滑り止め。
倍率自体もそれほど高くなく、たとえ倍率を超えても教室を増やすキャパがあるらしい。
そうは言っても、家からも最も近い位置にあり、園庭にも木が豊富にあるので、夏場でも外で遊ばせることはできるようで、これはメリットである。つまり、滑り止めとはいえ、条件は決して悪くはないのである。

もうひとつは、入園前のプレ幼稚園というのに通わせている幼稚園である。
(プレ=週一回くらいで、未就学児童に体験的に慣れさせるような感じのクラス)
なぜ、ここの幼稚園のプレに通わせているかというと、滑り止めの幼稚園にはプレ自体がないというのである。
園庭はかなり広いが、先ほどの幼稚園と対して木がないので、夏などは暑そうとこと。
そもそも、あまり外遊びをさせていないということである。それなら、なんで広い園庭を持っているのかが謎。
ここの幼稚園は、プレ参加者は多少優遇するという噂を聞いたので、参加している我が家はまず大丈夫だろうと思っていたところ、妻から落ちたとの事。 

う〜ん。知らぬ間にお受験戦争に突入していたようだ。

幼稚園の面接で、2歳児の挨拶(名前、年齢が言えるか)をチェックされ、好きなもの・嫌いなものを聞かれ、絵を見せて 大・小を答えさせるなど、よく考えれば他の子の比較が始まっているのだ。

我が娘は、恥ずかしがり屋なので、この手の面接時には力を発揮しない。
というか、元々それほど出来の良いほうではないので、仕方ないかなぁ。

なんか、園庭にある子供用の赤い家(隠れ家みたいなの)を気に入っていたようで、しかも送迎バスのデザインが好みのようなので残念であるが、それも仕方ない。

しかし、落ちてしまうあたりも、私の娘っぽくてかわいい。



kis136 at 21:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年11月01日

幼稚園 面接

最近では、驚くことに保育園だけでなく、幼稚園も入園が難しくなっているのである。

いや、もしかしたら、私の住んでいる地域だけかもしれない。
最近、野村不動産のプラウドシリーズ(一戸建て)やマンションの建設ラッシュで、子供が一気に増えたらしい。

 ということでか、とりあえず私の娘が1個目の面接で落ちてしまった

「ヨコミネ式」をとりいれた、近隣でも異常に人気の高い幼稚園であった。
しかし、願書の入手段階から非常にハードルが高く(部数限定で早朝から並ぶらしい)、願書も記入欄など見たが、それはそれはかなり細かいものであった。 

そもそもこの幼稚園に関しては、入園前の未就学児用にやっている週1程度の”プレ幼稚園”というのでさえも激しく倍率が高いという、少子化&不景気の現在にして思いっきり売り手市場の幼稚園である。

ということで、面接も完全にお受験模様だったらしい。
実は、私は仕事があったので参加しなかったのだが、家のように母親だけで参加しているのはむしろ極少数だったらしい。

まぁ、あの2歳児が逆立ちしたりする映像を見るとちょっと惹かれてしまうが、それほどこだわっていたわけではない。まぁ、この幼稚園は、私のシャイな娘にはハードルが高かったし、無理して受かっても苦労するだけだろうしね。

ところで、明日以降の別の幼稚園の面接は大丈夫なんだろうか?


kis136 at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年10月29日

魔の2歳児

第1次反抗期のことを、通称「魔の2歳児」「怪獣期」「イヤイヤ期」というのだそうです。

現在、娘は2歳8ヶ月。

すごい!
噂どおり、全部まるっと「イヤ!」といいます。 

こちらが言ったことキレイに、逆の事をするといいます。 

例えば、「公園行って、砂場遊びする?」
「公園行かない、砂場遊びしない。」と返答があります。

で、連れて行こうとすると、全身全霊をかけてぐずります。

でも、実際は公園も砂場遊びも好きなので、散々楽しんだ後の帰るときには「帰らない」というわけです。
(まぁ、これは本心でしょうが。)
とりあえず逆を言って駄々をこねるんですね。

まるで、理屈のない”松本人志”です。

これに付き合う、母親は大変ですね。
逆を言うのはまだしも、嫌がるのには結構な体力が要ります。

やつら、イヤがる時は、ジャッキー・チェンの酔拳のごとく脱力するのですが、これが非常に持ちづらい。

で、誤ってスルリと落とすとギャン泣きですから、タチの悪いことこの上ないです。

とはいえ、我々にもこんな時期があったのでしょうね。

皆さん、これは全世界の子供共通の挙動だそうです。

世のお母さん方々、ムカッときて我を忘れて取り返しのつかない事をしないように、イライラが限度を超えそうなときは、ママトモ、母親(おばあちゃん)、育児施設の人などに相談しましょう。
不思議なモンで、皆が同じ悩みを持っているというだけで、随分とストレスがなくなるものです。

なにしろ、全世界の母親が共通のことで嘆いているなんて、考えると逆に愉快なものです。

宗教観や政治観などを飛び越えて分かり合えることを体験していると考えたりすると、この世の中を一つにするのは育児の悩みではないかなどと考えてしまう今日この頃です。 

いずれは分かり合える子供の今しかない第1次反抗期。
健全な成長過程ですから、いっしょに嘆いていきましょう!! 

そしてその間、男は好きなことをするのですが、むしろこっちの方がムカつくらしいですね。
でも、男とはそういうものですから…

kis136 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月27日

あんよ

娘が歩いている。

実は、6ヶ月目くらいから掴り立ちをはじめ、9ヶ月目に1歩だけ歩いたと思ったら、あれよと11歩くらい歩いてしまった。

10ヶ月目には、家を大分自由に歩き回るので(とはいってもこける回数も多いのだが)、靴を買って公園で歩かせてみた。 

11ヶ月目の現在に至っては、 公園を好き勝手に散策している。

しかし、これは結構面倒なことも付随するのだ。


それは、食事だ。 


普通は、立てない故に椅子に座って食べるんじゃないかな?

ところが、我が娘は椅子に立つ。
で椅子から落ちたりする。大人の座る椅子の高さからでんぐり返るように、頭から落ちる。

ギャン泣きである。

現在は危険なので(そのときは、首の骨折って死ぬんじゃないかと思った)、床に立たせたまま(歩かせながら)食べさせている。

一口食べるごとに歩くので、私がその後を追いかけていくのである。

子供が歩かなくて不安な皆さん、やはり、普通が一番でありますよ。かわいいあんよですが、いずれは歩きますし、むしろチョイと遅いくらいが育児には楽ではないのでしょうか?




kis136 at 20:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索