生活

2016年03月31日

イオンのバースデーパスポートとサンキューパスポートについて

イオンカードを使っていると、請求書の中に「サンキューパスポート」なるものが同封されてきます。

それとは別に誕生月ともなると、「バースデーパスポート」なるものも同封されてきます。

これ、どう違うんだろう?

どちらかというと、バースデーの方が年に一回だから パワフルというかスペシャルなのだろうと高をくくっていましたが、念のために財布に2枚入れて行ってきましたイオンモール東久留米店。

まず最初に、小学生に上がった娘の防犯ブザーを買おうとしたときに、どちらのパスポートが使えるかと聞くと、「どちらでも使えますが、この後食料品を買うなら「サンキューパスポート」がいいですよ」とのこと。

何!?

「バースデーパスポート」は、食料品には使えないのか?まぁ、食料品を買う予定は特になかったので、「バースデーパスポート」にしときました。すると日付を記入されて戻ってきました。そうか、パスポートだから、その日限り何度でも使えるのかぁ。

イオンバースデーパスポート
更にそのあと、専門店街のASBeeというお店で娘と息子の靴を買おうとすると、「バースデーパスポートは使えないんですよ」とのこと。 「サンキューパスポートというのが使えます」ということでした。
イオンサンキューパスポート


ダメじゃん! 「バースデーパスポート」

ということで、迷わずに 「サンキューパスポート」の方が強いということが判明しましたとさ。

なお、更にイオンカードを使うことが必要なようです。 
まぁ、この案内自体がイオンカードの請求書に入ってきたので、皆さん問題ないと思いますが、念のために「出かけるときは忘れずに。 」


※あれれ?  
よく見ると、「サンキューパスポート」の有効期限が3/25(金)までだったのに、3/29に使えてました。(笑)

kis136 at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年09月08日

水槽の水換え(バクテリアについて)

水槽の水換えのタイミングについて、個人的に大きな勘違いをしていたので、メモがてら書いてみます。

簡単に言うと、こまめにきれいな水にしたほうがいいのか?ということです。極論としては、カルキを抜いた水ならば交換すればするほどいいのかということです。


事の発端は、嫁から「2週間に一度、水槽をクリーニングして」と言われたので言われるがままにやっていたのですが、そもそも水槽の水換えのタイミングってどのくらいが適当なんだろう?というところから調べ始めたところから始まりました。

私の家では、娘がお祭りの金魚すくいで獲ってきた一匹の金魚を、Tetraの小さい水槽「アクアリウムセットおさかな飼育セットPL-17」飼っており、当初は嫁が水の入れ替えや清掃などをしていたのですが、その嫁が妊娠して身重になってきたので、同様の2週間に一度の洗浄が私に託されました。

_SL1500_

実は、アクアリウムについては二人ともド素人でして、金魚を別の入れ物に避難させた上で、/總綟眤Δ鉢∈粛と濾過器(分解)水道水でこすり洗浄し、新しいフィルターに交換していた次第です。要は、何にも考えていませんでした。

さすがに洗剤こそ使いませんでしたが、この我流の集中洗浄では重要な要素が欠落していたことに考えも及びませんでした。


さて、ここで私が実行していた洗浄方法を細かく説明しますと、砂利はエサの食べ残しやフンなどが付着していますので水道水をふんだんに使って手もみ洗いしてましたし、水は飲料用浄水器の水を使って全交換してました。(しっかりした飲料用浄水器Multi-Pure MP400SBなので、カルキなどの成分は十分とれていると思います。逆浸透膜ではないので、ミネラルなどの栄養素は残っています。放射能も取り除くということで、飲料用に購入しました!)

循環装置には付属の外掛け式フィルターAT-20を使っていますので、このポンプ内部のインペラーなどまで分解して歯ブラシ洗浄しますし、パイプ内部などもブラシなどでこすり落とせる汚れは落としていました。
51tFqmyaFmL
で、このタイミングで専用フィルター「バイオバッグジュニア」を新品に交換しちゃってました。

そうです。私は水中を浮遊するゴミ(フンやエサ)などの「物理濾過(ろか)」だけしか考えておらず、「生物濾過(ろか)」というむしろ大切な要素がごっそりと抜け落ちておりました。

物理濾過と生物濾過。

そもそもバクテリアという存在を知らなかったのですから、
殺菌効果のある水道水で一気にリフレッシュしたほうが清潔であると考えていたのも仕方ありませんが、調べてみると実に実に奥深い世界です!!

私同様のド素人は、心して読めよ!!

生物濾過(ろか)という大切な仕事をするバクテリアを、むしろ完全排除しようとしている私の洗浄方法。これに”乾燥”という要素を加えると専門用語で「水槽のリセット」と呼ぶ行為だそうで、魚が病気になった時に水中の病原菌を完全滅菌するために行う最後の手段だとか…。しかし、必要なバクテリアさえも全部死滅するから、また水質を整えるのに時間がかかる水槽のリセットはすべきではないという意見もあるくらいのようです。

見事なまでに逆を行ってますね。
無知とは恐ろしいものです。

※なお、このポンプ部の分解洗浄は、吸い込み口やパイプ内部やインペラーが汚れるとそもそもの水が循環しなくなり酸素不足になりますので、いまでも定期的にやっております。

更に、今年の初夏に金魚の水を腐らせてしまって以来は、輪をかけたように小まめに水入換えやフィルター掃除(交換はせずに水道水で洗う)をやったりしたんですが、調べていくうちにようやく自分の行動が愚の骨頂であることに気づき始めるわけです。

何しろ、嫁とは「暑いから、1週間に1回くらい交換しないとダメかね〜」なんて話していた位でしたし。

そもそも水が腐ったのも、確かに気温は高かったとはいえ例の完全クリーニング後に1週間程度しか経過していませんでしたので、当時は大いに不思議でした。交換後の1週間くらいから匂いがひどくなり、白濁して金魚が水面をパクパクやっていましたので、かなり限界点まで来ていたのでしょう。2週間を待たずに、1週間ちょいで例の洗浄を実施しました。

今思えば、間違った方法で水を全交換してバクテリア・ゼロ状態ですから、不安定な水質のこの時期にこそ、バクテリア成長を促しつつもバランスの崩れていく水を少しずつ入れ替えることが重要だったらしいのですが、そんなこと知る由(よし)もありません。玄人は、この期間は水質悪化を防ぐために一番気を使うところらしいのですが、私はと言えば「全交換したばかりだから」とむしろ安心しきっていました。

ところで、魚を飼うのに必要なのは、”水質維持”だといっても過言ではないそうですが、こまめな水の全交換は、せっかく育ちつつあるバクテリアごと捨ててしまうからということからNGなんですって。せめて、フィルターと水の同時交換は行わないなどの、バクテリアを保持するデリカシーが必要になります。(フィルターと水を同時に交換すると気分的にはスッキリなんですが、バクテリア的には最悪な結末になります。)

汚れとか菌というとマイナスイメージしかありませんが、悪玉菌だけでなく善玉菌と言われる菌もあるように、バクテリアも水質維持に非常に大切な要素みたいなんです。


つまり、「魚の飼育」とは、
「水質管理」=「バクテリアの育成」
につきるということみたいなんです。


例えば、自然の沼なんていうのは、濾過(ろか)装置もないし大した水の入れ換えもなさそうですが、一定の水質は保たれています。なので、魚などの生物は死にません。それは、バクテリアが悪玉を食べているからバランスがとれているそうなんだそうです。

その状態を小さい水槽でも再現すればいいじゃん?ていうのが
水質管理の考え方なんだそうです。

では、バクテリアのエサとか育つ期間ってどのくらいなんでしょう?それこそが、水交換の時期の参考になりそうですので気になります。

生物濾過(ろか)とは、悪玉である「アンモニア・亜硝酸」などを、バクテリアの力で最終的に害の少ない「硝酸塩」に変えることと言えそうです。

[第一段階]
エサの食べ残し・フンなどが悪玉A(アンモニア)を発生させ、これを食べるバクテリアAが発生して、悪玉A食べて悪玉B(亜硝酸)を排泄します。
バクテリアAは、およそ24時間に1回の分裂。つまり1日で倍増することになるみたいですが、最初は悪玉A(アンモニア)の発生の方が早いので、水を少しだけ入れ換えて増えるアンモニア濃度が上がらないように適度に保ちながら、ようやっと悪玉A発生とバクテリアAの処理のバランスが取れる目安は一週間程度だそうです。こうなると、発生するそばから悪玉A(アンモニア)を食べてくれるので、アンモニアのことは心配しなくてもいいのです。(アンモニア濃度を適度に調整するのは、魚に取っては毒だから。)

[第二段階]
お次は、この悪玉B(亜硝酸)を食べるバクテリアBが発生して、悪玉Bを食べて排泄物C(硝酸塩)を排泄します。
こいつは48時間に1回の分裂。つまり2日かけてようやく倍増できるノンビリ屋さんなうえに、そもそもの悪玉A(アンモニア)が発生して〜のバクA君の誕生、で悪玉Aを食べて悪玉Bを排泄しないとバクB君は誕生してきません。ようやっとバクB君が発生するのにもタイムラグがあり、しかも増殖するのには更にノロノロと時間がかかる貴重なバクB君。結局、バランスが取れる目安は一か月もの期間がかかるそうです。こうなると悪玉Bが発生するそばからバクB君が食べてくれるので、悪玉B(亜硝酸)を心配することから解放されます。

で、この最後の排泄物C(硝酸塩)は毒性は低いので、ひとまず水質は安定するということです。あとは、排泄物C(硝酸塩)が一定濃度になるように、水を少量入れ換え続ければOKということです。(この硝酸塩が増えると藻が発生したり水質が酸性になるそうで、中性を好む金魚にはよろしくないようです。処理されたカキ殻などが効果あるとの噂も。

つまり、基本2週間で水を全交換していた我が家では、バクB君はほとんどお目見えしていなかったということになりましょう。つまり一回も水質安定状態を経験していないということになります。というか、このバクテリアBこそが真打(しんうち)で、皆さんが”水を作る”のに苦心しているところだそうです。トホホ。

ということで、2種類の悪玉の発生するタイミングで、2種類のバクテリアがタイムラグを持って発生し、最終的にほぼ無害なものにしてくれるというわけであります。安定した後は、硝酸塩の飽和を防ぐために一定期間で水を少し入れ替える程度で十分で、せっかく育ったバクテリアを水ごと全交換してはダメなんです!

逆に、バクテリア目線で考えると、育成には”酸素”と”餌”が必要です。
酸素は、そもそも金魚にも必要な濾過(ろか)装置で発生させるからいいとして、彼らの餌となる食べ残し・フンがついている濾過材や砂利を洗いすぎないことがポイントになります。
フィルターや砂利を水道水で洗っていた私は、せっかく育ってきたバクテリアをこまめに全滅させていた悪いオヤジということになります。(あ、バクテリアはとてもデリケートなので、水道水のカルキで死んでしまいます。)そりゃぁ、悪玉を食べるバクテリアを殺し続けていては、悪玉だけが異常繁殖して水も腐るわ!!

フィルターを洗うときは、入れ換え時に捨てる水槽の水1/3程度で行えとのこと。あえて汚い水で洗うなんて思いもしなかったですよ。そもそも、エサの残りとかフンとかを物理的に取り除くことしか頭になかったのですから、仕方がないといえば仕方がないのですが、バクテリア目線では水道水で洗うなんて迷惑な行為ですね。なお、このフィルター部はバクテリアの棲み家(すみか)ということになります。私のようにこまめに水道水で洗ってバクテリアを殺してしまっていては、生物濾過は望めませんし、ゴッソリ交換してはほとんど捨ててしまうことになります。

これ、結論としては”水の総入れ替えは必要ない”って言うことです。

エコですねぇ。思いもよらず、このブログのタイトル「節約生活」に行き着きましたよ。

さて、ここで”完成した水”の利点を考えてみましょう。

完成した水の中では、飼育中の魚や濾過バクテリアのみならず、様々な微生物が共存・共栄しているので、いわゆる病原菌が繁殖する余地がないのです。なぜなら、バクテリアその他がエサを食べてしまうから、病原菌が繁殖するためのエサがないということです。

あ、似たようなことを「食べ物から広がる耐性菌」という本で読んだことがあります。つまり、養殖魚や家畜が病気にならないように予防的に抗生物質を使っているらしいのですが、そうすると一応目的の菌は死滅するものの、今度はごく少数派だったはずの”抗生物質の利かない耐性菌”が幅を利かせてくるわけです。今までは大量にいる他の菌と餌を奪い合っていたので耐性菌はそれ以上増えなかったのに、餌を奪い合う相手がいなくなった途端に「抗生物質の効かない耐性菌」のみが爆発的に増殖するという、世にも恐ろしいお話でした。

ということで、完成した水は病原菌も少ないので、魚の健康管理上も優れているということがわかります。水は、ちょっと汚れているくらいのほうがいいんですね!!

水清ければ魚棲まず
(みずきよければうおすまず)

魚も人間(この場合は性格のことですが)も、ちょっとくらいテキトーなくらいがいいようです。

なお、特に水を作る最初の段階では、バクテリアの処理能力を超えた大量のアンモニアが発生しないように、何かしら遅らせるための裏ワザが必要になります。

とかいうと凄そうなテクニックですが、何のことはない餌の食べ残しやフンやなどを発生させないように 、餌を減らすor全くあげないというのが正しい方法だそうです。

「お腹を空かせて、金魚がかわいそう!」

でも、金魚は絶食に強いそうです。2〜3日程度は全く問題ないということです。そもそも奴らには、満腹中枢がないので、餌のやり過ぎには注意しましょう。幾らでも食べてその分排泄するので水質悪化にもつながりますし、無駄に大きくなりますし。

ここで気をつけるべきなのは、絶食については金魚すくいなどから持ってきた金魚に対してはストレスで弱っているのでマズイかもしれません。そもそも弱っている固体は別の方法(塩水浴)で数日隔離しておく必要があり、いきなり水槽に入れるのはよろしくないそうです。(病原菌を持っていたら、水槽の中の絶妙なバランスが崩れますし、他の魚にも伝染します。)管理病棟に隔離しつつ、少量のエサで体力を取り戻させ〜ので、大海原に入れて上げましょう。

なお、この機会に水槽サイズについて、見直ししました。

というのも、リッターあたりの魚の匹数も汚濁に関係してくるのは自明なので、成長してきた金魚のためにもTetraの一回り大きいサイズ「ミニアクアリウムおさかな PL-32」に交換。容積は、5リッターから10リッターに倍増!!容量は増えても、循環装置は同じAT-20なんですね。

_SL1500_

あ、「AT-20 改造」でググると、濾過の効率を上げる方法が!!

あぁ、なるほど。このAT-20の経路を長く改造することで、濾材(ろざい)を増やすわけですね。

その上、専用フィルター「バイオバッグジュニア」は、何のことはない活性炭を不織織でくるんだだけみたいです。活性炭は、吸着量に限度があるので、その意味ではメーカーの提唱するように2週間程度で交換が必要になるみたいですですが、そのフィルターごと交換してしまうと、せっかく居ついたバクテリアも捨ててしまうことになるので、こっちの意味では自作したほうがいいみたい。

濾材(ろざい)はバクテリアの最も居心地のいい家なので、家ごと捨ててしまってはもったいないということなのです。 

おまけに、これだとランニングコストも下がります!
またしても節約生活!!

早速、やってみようっと。 


kis136 at 14:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月27日

コインランドリーで布団を洗う

娘が、「気持ち悪い」と言って、布団に吐きました。

夜ですが、苦しそうに繰り返し吐くので、病院の救急外来へ連れて行ったりもしました。
行き帰りのタクシーでも吐きました。(もちろん準備は万端なので、車内は汚さなかったのですが。)

結局、合計10回くらい吐きました。

最近、周辺でノロウィルスが流行っているそうです。 

ということで、布団は買い直しか、最低でも洗わなくてはならないでしょう。
しかし、クリーニングに出す時間的な余裕はありません。
朝洗ったら、夜には寝なくてはならないのですから。

ということで、やってみました。

DCF00208
まずは、こんな品です。
ニトリで購入した敷布団です。

DCF00214
近くのコインランドリーは、最大サイズで7Kgでした。
こんなんで、布団入るかなぁ?

10Kgがあればなぁと思いましたが、仕方がありません。

紐で結んで無理やり入れてみました。
DCF00210
かなり押し込んだ感じで、パツパツです。





DCF00213なんとか入れまして、洗い残しがあると怖いので、洗剤は使わずに回します。うまい具合に上から水がかかるような感じですので、丸洗いという目的は達成できるようです。
「電解水で衣類を除菌」とも書いてあるので、いくらかはマシでしょう。

で、終了後に乾燥機にかけます。
 
これが12分100円なのですが、結局1時間以上はやらないと乾きません。
試行錯誤の結果、ひもは、ほどいたほうが乾きやすいです。

DCF00215

私は、縦に三折りにした状態で乾燥機の奥の方に寄せて回しました。その分、折りたたんだ内側はなかなか乾かないのですが、乾燥機の手前部分は乾燥機の窓のゴム部と密着させるためにアール状になっており、内側に鋭利な感じに飛び出ているので、ここでこすれて破れるんじゃないかと心配だったからです。(もしかしたら、扉側のゴムの部分の方が鉄枠より内側に出ることで防いでいるのかもしれませんが…)

DCF0022012分ごとにこまめに折り返してトータル1時間。何とか乾いたようでしたので、持って帰りました。

そしたら、妻が「だいぶ重いから、まだ水分は完全には飛んでないみたい。}とのことでした。

そうか…乾燥機は連続して3回分までのコイン投入ができるので、もしかしたら3回分(=36分)連続で回し、裏返して同様の操作を行った方が、こまめに入れ替えるよりは良かったかもしれません。 

なお、この紐で縛ると言うのは、中の綿が偏らないようにするために有効と言うことでしたが、今回は洗濯機に入れるためにサイズ圧縮目的で必要でした。

いずれにしても、布団のクリーニングは、コインランドリーで可能と言うことが分かりました。 

kis136 at 21:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年12月23日

死産

今秋に妻が死産をしました。

流産と死産の何が違うのかよく分かりませんでしたが、妊娠(着床)して 12週を超えると、まだお腹の中にいるのに1個の生命体として認められ、そのまま死ぬと死産となるようであります。

当日は、妻が深夜に「破水した」といって、妊娠中に通っていた産婦人科にタクシーで行きました。 

破水とは、子宮の中で赤ちゃんを包んでいる羊水が、なんらかの原因で外に出てしまうことで、赤ちゃんは基本的にその羊水がないと生きられないそうです。

初診では、ほとんど羊水がなくなっているとの診断でしたが、お腹の中の赤ちゃんはまだ生きているとのことでした。

当初、絶命してから体外に出すということでしたが、予想に反して活発に生きているとのことでした。

ただし、院長先生の判断では、ちょうどこの時期(15週)は、成長過程において肺を形成している時期らしく、障害が残るどころの話ではなく、生後に正常に呼吸できないという事態になるということらしく(妻経由で報告を聞いてます)、結局生きられないのですぐに出産して延命しないという判断のようでした。(お腹の中では、肺呼吸をしていないようです。)

陣痛促進剤で出産、強く望んでいた男の子でしたので残念でした。

赤ちゃんというか遺体を見たのですが、すでに頭部や腕だけでなく、目の窪みや鼻などの顔つき、手足の指まで形成されていました。

ただ、ものすごくサイズが小さいだけです。

妻のお腹がまだ大きくなかったので、これが2回目の妊娠だというのにもかかわらず、恥ずかしながら実感がわかなかったのですが(それどころか、最近嫁が太ったなぁなんて思っていたくらいでした…)、この段階になって初めて、「子供を失ったのだ」と実感しました。

ひとつ明らかなのは、妻が通常の出産とほぼ同等の肉体的苦痛を味わい、産婦人科での出産・入院費用も同じくらいかかっているのに、今回は何も残っていないということです。 

しかし、妻も私も残念がってばかりはいられません。
すでに3歳になる娘が、母親が入院して家にいないことで駄々をこねてギャン泣きしておりますし、私もいつまでも仕事を休んではおれません。あまり、落ち込んでいる暇はないのです。

結局は運が悪かったとあきらめるしかありません。
時間は戻せないのです。

幸いなことに、我々は妊娠に苦労する体質ではないから、こういう風に気持ちが切り替えられたのかもしれません。割とすぐに、もう一度トライしようという前向きな気持ちになれました。

不妊治療をしていて授かった子が初産でこうなったら、私たちもこうはいかなかったと思います。

あと、年齢が若くない分、逆に周囲での流産が意外と多いことも知識として持っていたので、なぜこの不運が我々だけに!とかも思わないですみました。

ただし、この15週での死産の確立は5%以下だそうです。

そういえば、今年の私は本厄だったなぁと思いながら、今年の数々の不運を回想していました。最大の厄がここに待っていたかぁ…

死産後に、遺体の処理についてどうするのだろうと思っていたのですが、ちゃんと火葬して埋葬するのですね。

で、火葬する為には役所で火葬許可証をもらわないとならず、火葬許可証をもらう為には病院の死産証書が必要になります。

つまり、産婦人科で死産証書をもらって役所に行き、火葬許可証をもらって遺体のある病院にもどるということです。

その間、赤ちゃんは産婦人科に安置されています。

産婦人科も、なんか早く引き取ってほしがっています。

それはそうでしょう。

本来喜びの場である産婦人科ですから、真逆の死産になってしまった場合には親は事実から目を背けたくなり、そのまま放置なんて事例も過去にはあったのでしょう。

ただし、私の顔を見るとスケジュールについて確認してくる女性の看護師には、ちょっとデリカシーがないなぁと感じました。 それとも業者からのキックバックが気になるのか…

結局、クリニックの紹介してくれた死産専門の葬儀社みたいなところ(葬儀社ではないとのことでした)に依頼しました。色々調べたのですが、決め手は価格です。

個人的な考えですが、我々生きていくものにこそお金は使うべきで、残念なことに亡くなってしまった息子にお金をかけるより、今生きている娘を大切にしていきたいと考えました。

少しドライに感じられるかも知れませんが、このブログのタイトルは「節約生活」です。首尾一貫しておきたいのです。

その葬儀社みたいなところに58,000円(永代供養込み)と、葬祭場に心づけ含め20,000円弱、産婦人科には33万円弱でした。参考までに、近場のお寺に問い合わせてみると、永代供養だけで10万円ということでした。別途10万円のコストなら、今を生きる娘にかけてあげようと思ったからです。

ところで、死産の場合、会社の社会健康保険から出産育児一時金39万円がでるようです。

産婦人科での支払いは、病院側で手続きを代行してくれるらしく、合意書を提出するだけで結局病院負担額は0円でした。 

残りの約6万円(=39万円-病院費用33万円分)は、死産後2年以内に健康保険組合に請求すれば、指定口座に振り込まれるようです。まぁ、火葬代や妊娠後のタクシー代やら数回の診察料やなんかを考えれば赤字ですが、それでも健康保険の制度に助けられた形になります。

経済面では、泣きっ面に蜂とまではいかないですみました。

で、火葬して永代供養が済みまして、お寺の納骨堂に安置されたようです。


まだ、お寺には行っていません。 


 春、秋の彼岸には法要会を開き供養するようですので、そのときに行ってみようと思っております。

わが息子よ!

「往生しなっせ!」

from

赤い玉の伝説

 by 聖飢魔II 






※毎年恒例のライブで聖飢魔IIをやり、今年はちょうどこの曲をコピりました。 心の中で、勝手に息子への手向け曲としました。演奏はミスりましたけど…


kis136 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年11月18日

生活の効率 片付け1

私の部屋は、散らかっています。引越しや、部屋の位置替えの時に随分捨てたりして一度は片付くんだけれど、やっぱり散らかってしまいます。

さて、そもそも散らかっているものを分類すると、服、本、CDです。 ゴミ屋敷というわけではありません。これらは、捨てられずに買うので、収納容量を超えてしまった時点から床に散乱します。

よって、物理的なスペースを必要としないデータ化によるスペース確保が正しいと思います。 

現在、CDはデータ化しておりますので散乱はしていません。本は…、できていません。本をデータ化しようとすると、自炊という作業が必要になり、)椶鮑枌任垢覘▲好ャンするという工程が必要になります。裁断機や高速の両面スキャナーなどを揃えて、そこからさらに実行に移すとなると、CDをデータ化するのに比べて手間もコストもがかかるのですね。

裁断は、業者が代行してくれるということですが、著作権の問題でスキャンまではできないということらしいです。

将来的には、こんなのが実用化されるみたいですが…



最近は、出来るだけ楽天のkoboという電子書籍のデータ購入をする&マンガなどはGEOやTSUTAYAなどでレンタルすることで増殖しないようにしております。BOOK OFFとかに日常的に行っていたころは、ホント最悪でした。読みたかった経済書が100円とかで売っているのですから、一期一会とばかりに購入してしまい、結局読まずに溜め込んでしまっています。

あと、いまだに残っているVHSですね。
これは、この部ログでもご紹介したDX ANTENNAの

 

kis136 at 14:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年10月10日

Clavis パッシブキー T20キー収納型携帯器 内蔵電池交換

昨年購入したマンションだが、マンションのエントランス部はハンズフリーで入れるような電子錠システムが導入されています。
photo10












あと、この電子錠を身につけていれば、自宅に入る際も開錠スイッチを押すだけで部屋の鍵があきます。

ということは、鍵をいちいち取り出さなくとも、マンションのエントランスは認証センサーで自動で開きますし、部屋への入室は扉横の開錠スイッチを押すだけで開くので、買い物帰りなどはとっても便利です。 

しかし、これ、内蔵電池方式なんですね。
車のように、車に刺しているあいだに充電とかではないので、寿命がきたら電池交換が必要になります。

業者に出したら、きっと高いでしょうねぇ。

ということで、D.I.Yです。

あれ?簡単に開いた!!
DCF00925
で、電池発見。
DCF00924CR2032ですね。

で、交換して閉じる。
DCF00926
あっけないくらいに簡単でした。

以上!!

p.s.)一応、pdfでもありました。


 

kis136 at 18:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月14日

生活の効率 その4(風呂編)

事前準備、これが重要であります。

風呂に入る前に、足マットはセットし、バスタオルは取りやすいところに用意しておく。

風呂から上がってからやると、足マットを取ってセットするまでの間に無駄に周辺を濡らし、バスタオルに至っては、棚から取るときに重ねてある他のタオルまで濡らすなど、被害が広範囲に及ぶので。

湯船は、自分が最後の人間で栓を抜いたのなら、風呂に入っているそのタイミングで浴槽内部をスポンジなどで洗ってしまうのが効率的。

服を着てからだと、服が濡れないようにするのが気になる。

そもそも、普通に風呂から出て足を拭く作業があるのに加えて、別のタイミングで湯船を洗うとなると、その時も出る時に足を拭くから、二度手間なので効率が悪い。しかも足マットが濡れている時間が長くなるので、水虫菌などの雑菌・カビも、より多く繁殖してしまうということになる。

風呂から出るタイミングで、マットの上で体を拭かずに、事前に用意したバスタオルを風呂にもっていって拭く!

滴り落ちる水滴を、無駄にマットに染み込ませないと、乾かすのも早いのである。

 

kis136 at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

生活の効率 その3(歯磨き編)

生活の効率 その2(トイレ男性編)」で書いたのが、水ははねるということ。

これは当然、歯磨きなどでも同様。
洗面所で、口を洗面器の下まで持っていかないで、高い位置からビャーっとやる人。(ワタシです。)

これ、完全にNGですね。

大体にして、洗面器の上には鏡があったりして、そこも汚れるわけです。

いやいや、もちろん鏡はこまめに拭くわけですよ。
でも、拭くにしたって、綺麗に越したことはないのであって、やっぱりしっかりと低い位置からビャーっとやりたいわけですよね?

さてさて、本題の歯磨きについてですが、わたしは「せっけんハミガキ」という商品を使っております。
理由は、経口という吸収されやすい形で合成洗剤なんかを体内に取り入れたくないので。


〇磨剤をつかわずに、歯と歯茎をブラッシング(ここでは、ナイロン製のかたさ「ふつう」の歯ブラシを使用)
⊆,縫侫蹈垢如∩管瑤了間のつまりを取る。
次に、取りきれなかった歯垢を歯間ブラシSS2で取り除く。(歯間に入らないところもアリ)
ぁ屬擦辰韻鵐魯潺キ」と馬の毛歯ブラシを使って、歯茎と歯を磨く

もちろん虫歯予防ということもありますが、口臭予防が最大の目的です。
お口の匂いというのは、本人はなかなか気づかないものです。
しかし、人から言われると無性に腹が立つ。
ということで、自分から手間をかけてお手入れするわけです。

ミドルエイジの気遣いですね。


kis136 at 13:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月29日

生活の効率 その2(トイレ男性編)

自分の家のトイレに限定されるのだろうが、男性も座って小便をすべきである。

私は、たまに近所のスーパー銭湯に行くことがある。
♪とっても気持ちのいいもんだ♪

ところで、 小用を足しにトイレに行くと、いわゆる家庭用の座り式便座であった。
ここに、いつものように立って用を足すと、私のスネの辺りに はねるわはねるわ。

きちゃない!!

これ、家だとジーンズやスウェットでガードされて気づかないだけなのか!?

ということで、服もトイレ内も汚してしまうこんな用の足し方は、即刻やめましょう!

汚さなければ臭いもでないし、掃除も少なくてすみます。

 ジーンズやスウェットの洗濯階数も減らせます。
時間の節約です。 

kis136 at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年03月05日

生活の効率 その1(エレベーター編)

エレベーターに乗ったあとに、行き先の階を押してから「閉」ボタンを押していませんか? 

私は、まずは「閉」ボタンをおしてから、行き先の階を押します。

エレベーターの矢印ボタンを押した時点で、到着した箱が上に行くのか下に向かうのかは決まっていますので 、この方法の方がホンの少しだけ時間を節約でします。

つまり、5階からエレベーターを呼んだとして、1階に行くためには「下」ボタンを押して呼んだはずです。
これで来たエレベーターは、 基本的には上には行かないエレベーターが来るのです。
逆のボタンで呼んだエレベーターは、ほかの階からの呼び出しがなければ、一旦扉が閉まってから また開くという、面倒な動作をすることからもわかります。

毎日のことですから、1秒でもストレスなく生きられるTipsです。

私は、こんなことを考えながら、日々人より時間を節約している気でいます。

 

kis136 at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月31日

家事の効率 その2(料理編)

まずは、時間のかかるものから。

例えば、お湯は沸くのに2〜3分はかかります。
まずは、この作業をしてから、野菜を洗う、肉を切る、

例えば、肉も切ったり、その後まな板や包丁を洗ったりする手間を考えると、最初から細切れを買ってしまうという手段もあります。そうすると、いずれにせよ野菜などで使うまな板や包丁ですが、肉を切らなければ油で汚れないので洗うのが楽ですし、細切れは通常価格もお安いので、一石二鳥です。

コメに関しては、私は無洗米を使用しております。
ということで、計量して水を入れるだけです。
これ、前日の夜にタイマーでセットして朝の7:30に炊き上がるようにしても、全然イケてました。 
朝の忙しい時間に、炊きたてのご飯の幸せ。
これを、100均で購入した冷凍もできてそのままレンジにも入れられる容器に保管して、残りのごはんをキープします。



kis136 at 16:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年01月28日

家事の効率 その1(洗濯編)

洗濯機で洗濯をするとき、脱いだ服をどのように洗いますか?

例えば、長袖のシャツについて は、脱ぐと袖が裏返ると思います。
私は、これはこのままひっくり返ったまま洗濯機に入れてしまいます。

というのも、アイロンがけが必要なYシャツとかでしたら話は違うのですが、洗濯が終わって干す段階で、袖のシワを取るために、その袖部を一旦ひっくり返してまた戻す動作が必要になります。

これ、裏返しで洗っていたら、戻すだけでコトが済むと思いませんか?

次に、靴下を洗う時なんですが、そもそも靴下って靴の中に履いているので、大人の場合、外側が悲劇的に汚れるというのは少ないと思います。子供の場合は別なのかもしれませんが、大人の場合の汚れって、肌に触れている内側を清潔にしたいのではないでしょうか?特に私は5本指靴下も併用して利用しているのですが、これなんて指部分の内側をきれいにしたほうが水虫予防にもなると思います。

これも脱いだまま洗って、干す際に裏返しにすればいいのではないでしょうか?
ただし、靴下が靴に雑菌が繁殖していると考えるか、肌に触れている内側が汚れていると判断するのかはわかりませんが、まぁ、いずれにせよ洗濯するのですから大した違いはないでしょう。

こう考えると、アンダーシャツも同様です。

ということは、アンダーシャツや靴下、肌着などは、体に触れる内側こそ清潔にしたいのですから、脱いだまま洗濯したほうがいいのではないでしょうか?



kis136 at 21:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索